逆指値とは?

FXで稼ぐTop > FXの注文方法 > 逆指値とは?

逆指値とは?

逆指値とは、指値と同じく、値段を指定して取引を行う、注文方法です。

では、指値注文と、どこが違うのでしょうか?

指値は、現在の値段より、安い値段で買い注文を出します。
また、現在の値段より、高い値段で売り注文を出します。
つまり、現在より、いい条件の時に取引をします。

しかし、逆指値は、現在の値段より、"高い"値段で買い注文を出します。
また、現在の値段より、"安い"値段で売り注文を出します。
つまり、現在より、"悪い"条件の時に取引をします。

なぜ、現在より、"悪い"条件の時に取引をする注文が必要なのでしょうか?
逆指値を使う理由は、損失を限定させることにあります。

相場は、いつも自分の予想通りにいくとは限りません。
予想と逆にいってしまうこともあります。
こんな時に、逆指値で予想通りに行かなかった場合の、損失を限定させます

例をあげて見ましょう。
10,000通貨の米ドル/円買いポジションを持っていて、現在の為替レートは、米ドル/円=110.50円 だとします。

この時、相場は、良い方に向かうと考えていたのですが、予想通り行かなかったときのために、108.50円の逆指値注文を出しました。
以降、相場が、下落してしまいました。その時、108.50円の注文が約定します。
そして、10,000通貨×2円=20,000円 の損失が出ました。

逆指値注文の損失確定効果
逆指値注文の損失確定効果

この逆指値注文の効果は、損失を20,000円に限定することが出来たことです。
逆指値注文を出していなかったら、損失が20,000円以上になってしまったかもしれません。。
このように、逆指値は、損失を限定させるために使われます。

逆指値とは、指値と同じく、値段を指定して取引を行う、注文方法です。
指値との違いは、現在より、悪い条件の時に取引をする注文 という点です。



<FXの注文方法 記事一覧>
FXの注文方法
成り行きとは?
指値とは?
逆指値とは?
IFDとは?
OCOとは?
IFOとは?


「おすすめFX会社」を解説した記事はこちら
>>http://fx-iiyone.seesaa.net/category/4584284-1.html




posted by しゅら at 20:03 | FXの注文方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。