IFOとは?

IFOとは?

IFOとは、IFDとOCO注文を合わせた注文方法です。
IFD注文に良く似た注文方法ですが、2つめの注文内容が違います。

IFOは、1つめの注文が成立したら、2つめの注文が有効になります。
この点は、IFD注文と同じです。
しかし、IFOは、2つめの注文が、OCO注文の形になっています。

取引例をあげてみましょう。
現在の為替レートは、米ドル/円=108.50円 だとします。

110.50円の指値買い、112.50円と108.50円の指値売りのIFO注文を出した場合、為替レートが110.50円になった時に、まず買い注文が成立します。
そして、次に112.50円か、108.50円になった時に、売り注文が成立します。

IFO注文の取引例
IFO注文の取引例

IFOとは、IFDとOCO注文を合わせた注文方法です。
IFD注文に良く似た注文方法ですが、2つめの注文がOCO注文の形になっています。



<FXの注文方法 記事一覧>
FXの注文方法
成り行きとは?
指値とは?
逆指値とは?
IFDとは?
OCOとは?
IFOとは?


「おすすめFX会社」を解説した記事はこちら
>>http://fx-iiyone.seesaa.net/category/4584284-1.html




posted by しゅら at 23:03 | FXの注文方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。