日銀短観とは

FXで稼ぐTop > 投資手法 > 日銀短観とは

日銀短観とは

日銀短観とは、企業に、業績、設備投資などの今後の見通しを聞くものです。
そして、今後の見通しが良いと考える企業から、悪いと考える企業の数を引いて数値が求められます。
正式名称は、企業短期経済観測調査です。

調査は、企業にアンケートを行うことで行われます。
調査は3、6、9、12月に行われ、結果は、翌月に発表されます。
調査結果は、大企業と中小企業、製造業と非製造業にわけてそれぞれ集計されます。

日銀短観の中では、大企業の製造業の業況判断指数(DI)が、最も注目されます。

日銀短観で最も注目される数値
日銀短観で最も注目される数値

日銀短観は、日本の金融機構の中核である"日本銀行"が直接調査するため、データの集まりが良いです。
そのため、現在の状況を正確にあらわしていると考えられるため、非常に注目される経済指標です。


日銀短観とは、企業に、業績、設備投資などの今後の見通しを聞くものです。
そして、今後の見通しが良いと考える企業から、悪いと考える企業の数を引いて数値が求められます。



<投資手法 記事一覧>
ファンダメンタルズ分析とは
ファンダメンタルズとは
GDPとは
政策金利とは
失業率とは
生産者物価指数とは
卸売物価指数とは
貿易収支とは
小売売上高とは
日銀短観とは


「おすすめFX会社」を解説した記事はこちら
>>http://fx-iiyone.seesaa.net/category/4584284-1.html




posted by しゅら at 19:00 | 投資手法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。